So-net無料ブログ作成
楽器(ギター) ブログトップ
前の10件 | -

フルアコを遊んでみました。~ Monogram M-5 改造記 その4 ~  [楽器(ギター)]

コントロールを元に戻し、試した位置にピエゾを貼付けて
ひとまずチェックです。
フロントUP・ピエゾ、どちらも反応してますね。

今のところは問題なさそうなので、チェック用の弦を張って
実際に音を出してチェックです。

フロントUPです。
オオッ!全く変わりましたね。
ガッツのある、まさに僕の知るミニハムの音ですね。
トーン全開でチューブアンプに突っ込むと、
エエ感じにちょっとクランチしそうな出音ですね。
同じピックアップで、ココまで変わるるんですねぇ〜。
いや、勉強になります。

ピエゾですが、もう、平面的なまさにピエゾな音です。
アンダーブリッジピエゾならともかく、
元々圧電スピーカーをバラしたハリピエゾです。
さすがにコレだけではアコギとして成立はしませんね。
ま、エレキだから当たり前ですね。

が、ミックスするとそれなりにエエ感じですよ。
アコギにはなりませんが、エッジが立つのでアコギ風には使えそうです。
フロントUPのVoを上げれば、アコギ風が薄まりそのままソロも十分いけます。
なんか、面白いギターになりました。売らなくて良かった!


最後の仕上げに調整です。
まぁ、自分の出来るとろだけですが。
FullSizeRender のコピー.jpg

今回はレギュラー弦を張ってみました。
使っていきながら、弦も色々試してみます。

ひとまず、改造は終了です。

改造前
j3810-img369x425-1430393930ps1uqn19663.jpg

改造後
ファイル 2015-09-23 18 09 16.jpeg
なんか色調がおかしいですね。
(改造前の色調が実際に近いです[あせあせ(飛び散る汗)]

見た目はほぼ変わりませんね。
ノブをゴールドにしてみました。
微妙すぎて分かりませんね。

ペグはロック式の方が便利そうなので、近いうちに交換したいですね。
あと、気分的にはフリケンセイター・テイルピースに交換したいです。
が、最近は売ってないんですねぇ。
見つけたら交換したいと思います。


ナットを調整しても、なんか弾き難いですねぇ。。。
やっぱり、廉価ギターの悲しい性でしょうか。
今度、ちゃんとプロに調整してもらいましょうね。

nice!(1)  コメント(0) 

フルアコを遊んでみました。~ Monogram M-5 改造記 その3 ~  [楽器(ギター)]

コンタクトピックアップモドキの、個体と位置を先に決めるため
まだ、バラしていなかったフルアコをバラします。

と、いってもコントロールだけですが。。。。
2015-08-18 13.59.23.jpg

バラしてみると、あらビックリ。
見慣れない値のコンデンサが付いてました。
POT:250kΩ (V&T共)
C:0.0683μF

僕の浅薄な知識の範疇には無い値ですねぇ。
この辺の組み合わせがJazzトーンのキモなのですかね。

コンデンサの値による音の変化は、昔に実験した事があるのですが
ポットの値には関心が無かったですね~。

何気なく『シングルコイル=250k、ハムバッカー=500k(300k )』と思い込んでましたが
只の慣例値なワケですね、いつか実験してみたいものです。


出音を聴いて、実はピックアップの交換を考えていたのですが、
今回は交換せずに、ポットとコンデンサの値を変えるのみにしました。
これでドコまで出音が変わるか楽しみです。

と云いながら、今回はド本命の500kを使用しました。
イヤ、ストックがコレしか無かった。。。。。

コンデンサはモーリーの0.047μFです。
簡単に試したところ0.047μFが良かった(気がした)ので。。。。。
実際使って気に入らなければ交換する事にしましょう!

ギターに付けるコンデンサはモーリーが多いです。
完全に見た目重視の結果ですが。

FullSizeRender.jpg


さて、コントロールを元に戻します。
このギターはセンターにホールがあり、ポットまでなら手が入るのですが
それでも結構めんどくさかったですね。
弦アースが一番手間取りました。

fホールのギターはもっとめんどくさいんでしょうねぇ。
出来るなら今後も触りたくないですな。
リペアマンは、大変ですねぇ。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フルアコを遊んでみました。~ Monogram M-5 改造記 その2 ~  [楽器(ギター)]

ハワード・ロバーツモデル面したフルアコですが、
おぼろげながらアコギっぽく使いたい、と思ってたのですよ。
たぶん、今の僕の活動スタイルだと少しアコギっぽく使える方が便利なのです。

なので、今回はフロントUPの出音を元気にしつつ、
アコギテイストを加えて行く方向で、出来るだけコストを掛けずに遊ぶ事にしましょう!


さて、アコギテイストですが、あくまで『テイスト』なので
アコギとしての鳴りを追求はしません、
あくまでも『ジャリ~ン』って感じを混ぜたいだけなんです。
なので、アコギのUPで行っているように、
お気軽に圧電素子で『ジャリ~ン』を拾いたいと思います。

まぁ、カッコよく言うとコンタクトピックアップですかね。
アコギでは2個使用しますが、1個だけ使う予定です。
そこは深追いしません。
(これで、イイ感じなら将来的にフィッシュマンのアーチトップ用のピエゾでも
仕込もうかと考えているのです)

そして、フロントとピエゾをステレオで出力します。




早速、手持ちの圧電素子で、実験用にピエゾを製作しました。
圧電素子以外はジャンクパーツを使いました。残しておいて良かった!
2015-08-12 15.49.17.jpg

実際は念の為にもう一個作りまして、計3個の中からエエ感じのヤツを選びました。
結局、念の為分を使用する事に。
村田製作所製です。 イイゾ、世界のMurata !

圧電素子のUPを仕込むのは何本か行っておりますが、
どんなUPを何処に仕込むか、この試行錯誤が結構好きなんです。
最近ようやく見えてきた気がします。
感覚的には、SPユニットを選ぶのに似てる気がします。


コンタクトUPの位置も決めたので、いよいよバラします。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フルアコを遊んでみました。~ Monogram M-5 改造記 その1 ~ [楽器(ギター)]

デザインに惹かれて、勢いだけで購入したギター Monogram M-5。
そう、ハワード・ロバーツモデル面したヤツです。

j3810-img279x539-1430393930oyxt2619663.jpg

当然、中華製。
それが、ワケあり特価で異常に安かったんです。
チョット高いエフェクターより安かったんです。
スイマセン、出来ゴコロです。許してください。
ジャズなんて、全く弾けません。


で、とりあえず弾いてみたのです。

材に関して云うと、そりゃぁ価格が価格ですから
それなりのモノしか使ってないのですが、
いわゆる中華製の仕上げのマズさはそんなに気になりませんね。

出音は、もうモコモコですね。
コレがJazzトーンなのでしょうか?
UPはミニハムのハズなのですが、
僕のイメージするミニハムの音とは全く違います。
トーンが付いている意味が分かりません。

あまりの出音に落胆し、本気で某オクでのドナドナを考えたのですが
そこは良い機会なので、初フルアコ遊びを楽しもうと思ったワケです。

購入する時に、おぼろげながら考えてた事があるのでチャレンジしてみます。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フェルナンデスのギターをどうにかする~その8~  [楽器(ギター)]

本当はもっと放置しておいた方が良いのでしょうが、
10日程乾かして研磨しました。

IMG_0043.JPG

研磨の時に気がついたのですが、一カ所突き板がシワになったところがありました。
突き板が薄かったので、横着して水分を含ませなかったのが災いしたのカモ。
横着したらダメですね、イイ勉強ですね。
幸いペグのワッシャの下に隠れました[手(チョキ)]

放置している間、待ちきれなくなってナットの取り付けだけは済ませてあります。
自分でナットを付けるときは、作業しやすいのでタスクです。

IMG_0044.JPG

僕は、たぶん変わったやり方なのでしょうが、接着面の精度が出たらすぐ接着します。
なので、溝切りや全体の整形はネックに取り付けたまま行います。
色々試したのですが、これが一番ミスが少ないのですよ。

諸々取り付けて、調整ですな。

ところで、コンコルドヘッドってメンドクサイですね。
最初、フェンダーみたいに弦を巻いていったのですが、1弦がヘッドからはみ出ますね。
そしてナットにかかるテンション、ハンパ無いです。
こんなもんかとオクターブ調整したら、微調整出来なくらいテンションかかってます。

最初からナットが無かったのでよく判らんのですが、斜めに溝切るのか?

色々試しましたが、結局1〜4弦まで逆巻きに落ち着きました。
これで良いのかは、自信無いですが。。。

IMG_0052.jpg

やっぱり、P-90はイイですね。
スゥイィートな感じで仕上がりました。

ネックは幅広で薄いタイプなので、やっぱりネックの握りが気に入らないのですが
ひとまずこれで行きましょう。

完成です!
色々勉強になりました。

nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フェルナンデスのギターをどうにかする~その7~  [楽器(ギター)]

ホント云うと、普通のテレキャスネックに交換したいところなのですが、
コンコルドヘッドが余っても仕方ないので、とりあえず元々のネックをどうにかする事にしました。

前にアコギのパーツを買ったお店に、突板があったのをチックしていたので
突板に挑戦する事にしました。

生まれて初めて買いました。突板です。
IMG_0036.jpg

ヘッドの塗装を落とし、タイトボンドで接着。

このままでは少し白っぽいので、若干着色しました。
IMG_0041.jpg

プライマーで下地を整え、ロゴなんか貼ってみました。
IMG_0042.jpg
ヘッド用という事で、フェンダー風にしてみました。

転写シールってヤツを使ったのですが、なかなか便利ですね。
今度、エフェクターのケースにも使ってみたいですね。

この後、トップコートしました。
しばらく乾燥させて、研磨して、いよいよ完成か!
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

フェルナンデスのギターをどうにかする~その6~  [楽器(ギター)]

ピックガードも一応完成し、頼んでいたパーツも届いたのでサックリ取り付けてみました。

諸々装着して遠目で見れば、アラも目立ちませんね。

IMG_0034.JPG

プレートは切板屋さんで切ってもらいました。
なんか、市販されてるコントロールプレートより安い値段で出来ましたよ。
ネジ類なんかもそうだけど、楽器業界ぼったくり過ぎですよね。
スイッチクラフトのモノジャック600円って、高過ぎにも程がある[ちっ(怒った顔)]
パーツ屋さんで買えば1/3ですがな。

今回は、使えるパーツはそのまま磨いて使用します。
が、ネジ類は固着が激しいので交換ですね。
ミリ規格だったので、ネジ類もホームセンターでお安く入手。


これで、ボディが一応完成したので、ネックですね。
分かっちゃいたけど、後回しにしてたのでノープランです。
どうしよう。。。。。
nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フェルナンデスのギターをどうにかする~その5~   [楽器(ギター)]

人生初!
ピックガードの製作です。

ホントにこんな作り方で合っているのか、分かりませんがねぇ。。。

とりあえず、レゲエマスターモドキなので、写真をイラレでトレース。
出力して調整、を繰り返し形を決定。
それをMDFに転写して型を作りました。
IMG_0572.jpg

ネックポケットやUPのザグリは現物合わせで行うつもりなので
この段階では空けてませんが、本来はここで空けとくべきでした。
ってか、塗装前にピックガードは作るべきでしたね[あせあせ(飛び散る汗)]

ピックガードは黒にしました。
ラフにカットした後、型に合わせてトリマーで余分なところを削りました。

で、実際に装着させて、様子を確認しながら
ネックポケットやUPをザグリ、ひとまず完成。
IMG_0033.jpg

細かい部分をよく見ると、結構ガタガタしてますね。
型の精度を蔑ろにした結果ですかねぇ。。。。
まぁ、遠目で分からない(はず)ので、これで行きましょう!

しかし、ボディに付いた削りカスを取るのに苦労しました。
静電気でへばり付くのですね[がく~(落胆した顔)]
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フェルナンデスのギターをどうにかする~その4~   [楽器(ギター)]

2015年初めての更新です。

作業したのは去年なので、忘れてる。。。。

放置プレイの後、磨きました。

どうですか?
照明の映り込みもシャープになってますか?
IMG_0566.jpg

光沢が出るのが嬉しくて、調子に乗って研磨していたのですが。。。
なんか、木目の質感を活かすつもりだったのに、不毛な事をしているような気がして
適当なところで終了しました。

なので、裏は手抜きです。
IMG_0565.jpg

ボディはひとまず終了ですかね。

気がつくと、パーツ類全然用意してない。。。。

以降細かいパーツに続く。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

フェルナンデスのギターをどうにかする~その3~   [楽器(ギター)]

ココからも、地味な作業ですなぁ。。。。。
ギターのリフィニッシュは総じて地味なんですねぇ。

シーラーを落とし、木地をむき出しです。
IMG_0549.jpg

裏もこんな感じ。
IMG_0548.jpg

昔は手作業でシーラーを落としていたのですが、今回オービルサンダーを使用したので平面に関しては楽チンで早かった[手(チョキ)]


で、着色。
今回は木地を着色し、その上にトップコートする方法にチャレンジします。
サンディングシーラーは使用しません。
なぜなら、メンドクサイからです。
結果、マニアも納得の極薄塗装ですよ。
まぁ、デタラメボディですけど。。。。

本当は色を調合して好みの色を作るんだろうけど、
今回は実験も兼ねているので、そのまま塗りました。
日曜大工用途のステインですから、当然家具みたいになってしまいました[がく~(落胆した顔)]

IMG_0554.jpg

IMG_0555.jpg

さあ、いきなりトップコートです。
一応、プライマーはしておきますよ。
念のため、プライマー後にサックリ水研ぎしました。

その後、クリアラッカーでトップコートです。
白濁しないように注意しました。

IMG_0560.jpg

IMG_0562.jpg

サンディングシーラーを使用していないので、木目の質感が出てますね〜。
一応、狙ってみたんですが、ますます家具っぽくなってしまった[たらーっ(汗)]

ココからしばらく、放置プレイです。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽
前の10件 | - 楽器(ギター) ブログトップ