So-net無料ブログ作成

甦る? Fresher Jazz Bass  ネック編 ~その6~ [楽器(ベース)]

数年ぶりに足りない工具をStewart-MacDonaldに注文したのですが、
届くのってこんなに早かったっけ?中二日で到着しました。
月曜の朝ポチって、木曜の夕方届きましたよ。
昨今の物流の短納期には驚きですね〜

さてさて、タンニングニッパーが届いたので作業を開始しましょう!
今回はあらかじめカットしたフレットを購入しました。
適度にアールも付いてて便利ですね。
タンニングニッパーは初めて使ったのですが、確かに便利です!
クイキリでカットしようと試したのですが、買って良かった!
ファイル 2016-11-19 20 22 36.jpeg

ホントはチャンとホルダーを作ればいいのだろうけど、一応フレット毎に分けました(笑)

さぁ、フレット打ち込みます。
今回はハンマーで打ち込んだのですが、
打面がまっすぐに当たってないんでしょうねぇ、何回か指板に当たってました[あせあせ(飛び散る汗)]
Stewart-MacDonaldには専用の工具があるみたいです。
次にアコギのフレットを交換したいので、その時には欲しいですね〜。
ファイル 2016-11-19 20 30 43.jpeg

飛び出たフレットをカットして、切り口を45度に削るのですが
やっぱり素人はダメですね、こまめに削りかすを取らなかった為か
削りカスが噛んでフレットを傷つけてしまいました[もうやだ~(悲しい顔)]
やはりフレットに関しては分からない事だらけですな、何事も勉強です。
ファイル 2016-11-19 20 37 55.jpeg

打ち終わった後にチェックしてみると、やはり若干の高低がありました。
専用工具を使うともう少しキレイに打てるんですかね~

あとはマスキングして、擦り合わせですね。
擦り合わせは何度か行っているのですが、やはり緊張しますね〜。
ファイル 2016-11-21 20 26 28.jpeg

フレットの打ち直しなので、擦り合わせも頭を合わせるだけなので早いです[手(チョキ)]
最終レモンオイルで仕上げて終了です。
ファイル 2016-11-21 20 28 25.jpeg
なんどもチェックしているので、頭は揃ってます。
が、フレットの端を45度にするときについたキズが少し残ってしまった[たらーっ(汗)]
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。